a4548

これを読まれている、ということは何らかの肌のトラブルをお持ちでしょうか?

肌のトラブルといっても様々です。

例えば見た目と感覚に分かれます。

見た目といったら、

  • ニキビ
  • シミ、そばかす
  • 赤み、ブツブツ

などがあります。

感覚といったら、

  • かゆい
  • 痛い
  • ほてり
  • ザラザラ、ガサガサ

などがあります。

そして、毛細血管拡張症・・・何だか漢字だけで見ると難しそうですね。

これも一言で書けば、肌トラブルから来る症状なんですね。

では、毛細血管拡張症になった場合、見た目と感覚のどれに該当するのか?

そもそも何が原因で毛細血管拡張症が起きるのか?

この点を中心に詳しく説明していきます。

毛細血管拡張症・・・実は別名がある

その別名でどのようなものがあるかといったら、

  • 赤ら顔
  • 血管腫
  • 赤アザ
  • 静脈瘤(りゅう)

などがあります。

「こんなに別名を紹介されても覚えられない!」

と思ったかもしれませんね。

もちろん、無理に覚える必要はありませんので大丈夫ですよ。

この中で1つだけ覚えておけばいいのは、赤ら顔ですね。

もしかしたら漢字よりも、赤ら顔の方が何となくイメージしやすいかもしれませんね。

また、症状によって、別名で挙げた症状を使い分けることもあります。

とりあえずここでは、そういう別名がある、関連した症状なんだな、と覚えておけば大丈夫です。

毛細血管拡張症が発症する部位は?

これは、別名のようにたくさんあるわけではなく、部位は決まっています。

それは顔で主に、

  • ほお

の部分に症状が現れます。

毛細血管拡張症を別名、赤ら顔と呼ぶ理由もお分かりになったかもしれませんね。

なぜ顔に現れるの?

手でもなく足でもなく、なぜ顔なのか?

これには理由があり、毛細血管があるからなんですね。

もちろん顔以外にも、縦横無尽に毛細血管が走っています。

もう少し詳しく説明すると、顔の皮膚は他の部位に比べて薄いからです。

特に、ほおの内側は口の中になるため、筋肉のある腕や足と比べ薄いんですね。

そして、薄いのに相まって毛細血管も、肌の表面近くに集中しています。

つまり、

  • 顔は肌が薄い
  • 毛細血管が肌の表面に近い

といった理由から、毛細血管拡張症が表れやすい、ということです。

毛細血管拡張症の原因は?

顔に毛細血管は誰でもあるなら、症状が出る人と出ない人がいるのはなぜ?

きっと、このように思われたかもしれませんね。

原因を簡単に書けば、肌の刺激やトラブル、防衛本能によって毛細血管拡張症が現れます。

特に顔の肌は非常に薄いうえ、毛細血管は非常にデリケート。

ちょっとした刺激や変化で傷がついてしまいます。

また、顔は他の部位と違って、服のように覆うものがないため、肌のトラブルが起きやすいんですね。

では、肌の刺激やトラブルにはどのようなものがあるのでしょうか?

意外かもしれませんが、顔の洗いすぎ、手入れのし過ぎが原因にもなります。

顔の肌は薄く、洗顔などでゴシゴシと洗うと、肌の表面が削れてしまいます。

そして、肌表面近くの毛細血管に刺激が加わり、結果として血管が破れてしまいます。

血管が敗れると、その周辺に血溜まりができて、それがたくさんできて、赤ら顔になってしまうんですね。

また、ニキビが顔にできやすい人も要注意です。

赤ニキビができて腫れている状態というのは、雑菌に感染している証拠です。

肌が赤い、ということはそこにたくさんの血液が流れます。

肌トラブルによって、ニキビが次から次へと発症して治らないと、顔中毛細血管だらけとなり、症状を引き起こします。

そのような刺激やトラブルが立て続けに起きると、顔の皮膚もマズイ!と思って防衛本能が働きます。

その防衛本能が何かといったら・・・シミ。

そして色素沈着して改善するまで時間がかかってしまう、というわけです。

寒い地域に住んでいると発症しやすい?

特に寒い地域に住んでいる方の顔を見ると、赤みを帯びていませんか?

実はこれも毛細血管拡張症が引き起こしている可能性が高いです。

冷たい外気にさらされ、その後急に温かい部屋に入り、一気に血液が顔の毛細血管に流れます。

防衛本能と血流の流れの2つが相まって、毛細血管拡張症が起きるんですね。

顔が赤くなってしまう=毛細血管拡張症なの?

ここまで読むと、そのような不安を感じた方がいるかもしれませんね。

でも、正常な体の反応によって、顔が赤みを帯びることもあります。

例えば、

  • お風呂上がりや暑いところにいる場合
  • 温かい食べ物、刺激物を食べた場合
  • 運動したあと
  • 飲酒
  • 恥ずかしい思いをした

などで一時的に赤くなることは問題ありません。

ただし、

・常に関係なく赤みを帯びている
・赤みを帯びているところを触るとピリピリと痛む
・ニキビなどの肌トラブルが起きている

といった場合、毛細血管拡張症の可能性が高いです。
「自分は毛細血管拡張症なのかどうかわからない」
「少しでも早くこの辛さから解消されたい!」

と思ったら病院の皮膚科に行きましょう。

毛細血管拡張症は、改善するまで時間がかかってしまうこともあります。

そのため、皮膚科で診てもらい原因を追求して、改善に向かって治療を行うのがベストな選択肢ですね。