1asd2358

あなたの毛細血管は、とても健康的でしょうか?

いきなりそのようなことを言われても、わかりませんよね。なぜなら肌と違い、内臓と同じように見ることも、触ることもできませんからね。

肌の状態が悪かったら、表面からいろんなケアができます。

しかし、毛細血管は体の内側ですから、ケアしようにもできませんよね。

そんな陽の目を見ることのない毛細血管・・・

一体、どんな役割をしているのか?

概要を含めてこれから紹介していきます。

毛細血管って何?

まずは毛細血管の概要を簡単に紹介していきます。血管・・・と一言で書いても、その役割や部位によって、大きく3つに分類されます。

その3つとは、

  • 動脈
  • 静脈
  • 毛細血管

この3つを総称して血管と呼びます。

つまり、毛細血管は血管の一部、ということになるんですね。

この3つの血管を別の表現で置き換えると、

動脈と静脈:高速道路や国道のような幹線道路
毛細血管:市街地や山間部の細い道路

になります。

全血管のうち毛細血管の割合はどれくらいなの?

血管は、体を維持するためにとても必要なもの。その血管の中を流れる血液が止まってしまったら、生きることはできませんよね。

では、そんな血管・・・どれくらい体を占めているのでしょうか?

とは言われてもピーンと来ないかもしれませんね。

そこで、人間の血液が体重のどれくらいを占めているのでしょうか?

成人の場合、

  • 男性は体重の8%
  • 女性は体重の7%

を血液が占めています。

体重60kgであれば、4.2kgから4.8kgを占めていることになるんですね。

では、それがわかったところで、毛細血管の割合はどれくらいなのでしょうか?

これは、全血管のうち毛細血管は95%を占めています。

つまり、動脈と静脈は全血管のうち5%しかない、ということなんですね。

全血管のうち毛細血管の長さはどれくらいなの?

血液は、頭のてっぺんから、手足の先まで流れていることは想像できますよね。ケガをして手の指から血は出るけど、足の指からは出ない・・・

そんなことはありませんよね。

そこで、全血管の長さはどのくらいになるのでしょうか?

動脈、静脈、そして毛細血管すべて含めて、成人で約10万キロあります。

10万キロ・・・と言われても想像がつきませんよね。

そこでわかりやすいように、地球の円周で比較すると、1周あたり約4万キロ。

つまり、地球の円周2周半の血管が私たちの体に張り巡らされているんですね。

前の章で触れましたが、全血管のうち毛細血管は95%を占めるということは・・・

毛細血管が相当長いことが想像つきますよね。

 

  



 

毛細血管の太さはどれくらいなの?

全血管の長さのうち約10万キロ弱を占める毛細血管。毛細血管は網目のように複雑に絡み合っています。

そんな毛細血管・・・

ゴムホースのように太かったら、体の中に収めることはできませんよね。

そう考えると細いのは想像できるけど、だいたいどれくらいの太さなんでしょうか?

その太さは、9〜10マイクロメートル。
ミリに換算すると、0.009〜0.01ミリです。

髪の毛が0.1〜0.05ミリのため、かなり細いことがわかりますよね。

参考までに動脈や静脈の太さは、太いところで25〜30ミリと、かなり太いことがわかります。

毛細血管の気になる役目は?

毛細血管は、ただ細いだけではなく、とても重要や役目を持っています。とはいっても、毛細血管だけ独立しているわけではなく、動脈と静脈が密接に連携しています。

まず、血液の流れですが、これは水道と同じ流れに沿っています。

上水道に当たる動脈には、新鮮な栄養、そして肺から取り込んだ酸素が含まれていて、これを毛細血管に送ります。

動脈から送り込まれた新鮮な血液は、毛細血管の細い水道管を通って、私たちの各家庭に相当する、細胞に送られます。

その家庭に当たる細胞の数・・・成人で約60兆個あると言われています。

では、細胞に送られたら何をするのでしょうか?

主に、

  • 肌や骨の生成
  • 爪や髪の毛の生成
  • 筋肉の生成

などに使われます。

もちろん、内臓の生成にも使われます。

他にも毛細血管は、体温調節の働きもあります。

そして、取り込んだらそれで終わり、とはいきません。

各家庭で、

  • お風呂
  • トイレ
  • 洗濯

などで水を使用したら必ず汚水が出ますよね。

その汚水はどうするかといったら、必ず下水道に流します。

細胞も同様で生成してゴミとなった、

  • 老廃物
  • 二酸化炭素

などを毛細血管に流します。

毛細血管の中を巡った汚れた血液は、最終的に静脈という下水道に流されます。

そして浄水されて、栄養と酸素がたっぷり含んだ血液を動脈に流す・・・

というのを24時間休むことなく行っているんですね。

つまり、毛細血管は細胞という、各家庭に栄養を届ける配送役。

そして、不要なものを受け取る役の2つを行っています。

あなたの毛細血管・・・健康ですか?

毛細血管がなく、動脈と静脈だけだったら・・・生命を維持することはできません。いわゆる物流の役割を果たしているんですね。

物流が止まってしまったら・・・食料品から生活用品を手に入れることができません。

だからこそ、あなたの毛細血管、いつまでも元気に活動してもらうためにも・・・

毛細血管の健康状態をチェックすることが大切なんですね。