df484

毛細血管の健康維持には血流アップが大事

毛細血管の健康を維持するために大事なのはズバリ血流です。毛細血管への血流がしっかり行われていることにより、毛細血管壁の細胞の状態が良好になり、栄養の吸収及び老廃物の回収がしっかり行われるようになります。血流が悪化して毛細血管の状態が悪化すると、むくみやだるさ、疲れやすくなる、血色が悪い、免疫の低下、老化の促進、冷え性、筋肉の痙攣、乾燥肌、知能の低下などの不快症状が引き起こされやすくなります。
  


 

体を動かすことが毛細血管の血流をアップするポイント

毛細血管の血流を活性化させる上で大事になるのが筋肉の働きです。筋肉が血管を刺激することによってポンプのような役割を果たすことにより、全身の血流が滞りなく行われています。その筋肉を刺激するために必要なのが「動くこと」です。ウォーキングや家事全般、体を動かす仕事、各種スポーツなどを行うことによって筋肉が刺激されて活性化します。現代は日常生活において体を動かさなくてもいい便利なものが増えたので、体を動かすということを意識しないと、毛細血管の健康を維持するだけの運動量が確保できません。よって、仕事の休み時間や休日などは努めて体を動かすように心がけるようにしましょう。

 

ストレスはなるべく避けるようにする

ストレスを感じている時は神経が高ぶるので血管が収縮します。また、ストレスは血糖値を上昇させることから、血管が傷害されやすくなり、更に血管の状態を悪化させます。このようにストレスは全身の血管に対してリスクとなるので、なるべくストレスを避けると共に、ストレスを感じやすくなる原因となる過労や睡眠不足、食事バランスの偏り、生活習慣の乱れなどを改善することが大事になります。ストレスの軽減には趣味を楽しむことや美味しいものを食べる、自然と戯れる、ペットと触れ合う、質の良い睡眠を取る、好きな人との時間を増やすなどの方法があります。

 

タバコやお酒は程々に

喫煙すると体全体が拒絶反応を起こして血管が収縮します。また、タバコの煙には酸化物質が大量に含まれているので、血管壁を硬化させてしまいます。タバコの習慣が長くなると、これら悪影響により血管がボロボロになり様々な悪影響を及ぼします。

アルコールは程々に摂っていれば血流がよくなるので体にいいとされていますが、一定量を超えるとアルコールに含まれているアセトアルデヒドによる毒性や、肝臓への負担により血液の流れ及び血管の状態が悪化します。

 

体を冷やさないようにする習慣を付ける

体を冷やさないようにする習慣は、毛細血管の健康維持に役立ちます。体を冷やしてしまうと体は熱を逃がさないように筋肉を硬直させます。すると血管も収縮してしまい全身の血流が悪化してしまいます。また、冷えると血液中に含まれている脂質が硬化しやすくなるので、硬化した脂質が血管壁にこびりついて血流を阻害することがあります。以上のように体を冷やしてしまうと全身の血流が悪化してしまうので、なるべく体を冷やさないような生活を送ることが大事になります。

 

脱水に気を付けるようにする

血液は液体なので水分が不足してしまうと血液の流れが著しく悪化してしまいます。血流が悪化してしまうと血管の細胞壁の状態や腎臓の機能が悪化してしまうので注意が必要です。普通に生活している分には脱水に陥ることはあまり多くはありませんが、マラソンなど汗を沢山かく運動を行っている際には脱水に陥ることが多くなるので、こまめに水分摂取を行い脱水に陥らないように注意する必要があります。夏場は睡眠中に脱水になる可能性もあるので、睡眠前と起床後に水分摂取を行うような習慣を付けるようにします。