dde4ed7

毛細血管拡張症の原因

毛細血管拡張症は、毛細血管の血流障害や肝機能低下による女性ホルモンの血中濃度上昇などが原因だとされています。毛細血管の血流障害は高血圧や高血糖による血管の硬化、ストレスによる血管の収縮、喫煙による血流障害、脂質異常症による血管の硬化などによって引き起こされ、体表部への血流が阻害されることによって毛細血管が拡張します。更に、肝機能が低下してしまうと、体内で生成される女性ホルモンを分解排出することができなくなるので、女性ホルモンが増えすぎてしまいます。女性ホルモンには血管を拡張させるという働きがあるので、体表部の血管が拡張すると毛細血管拡張症が引き起こされます。また、女性ホルモンには炎症を抑制するという働きもあるので、更年期障害などで減りすぎると赤ら顔などの原因にもなると作用もあります。

  



 

血流障害が原因の毛細血管拡張症の治癒方法

まず、高血圧や糖尿病、ストレス、喫煙、運動不足、脂質の摂りすぎなどの原因がある場合には原因を出来る限り改善するようにします。そうした上で、血流を改善する作用のある運動やストレッチなどを日常的に行いつつ、動物性タンパク質や脂質、炭水化物の摂りすぎに注意するようにします。更に、血液サラサラ作用のあるビタミンA、C、Eや緑黄色野菜に含まれるクロロフィル、赤ワインやナス、ブドウなどに含まれるポリフェノール、青魚に含まれるEPA・DHAなどの栄養素を意識して摂取するようにします。

 

女性ホルモンが原因の毛細血管拡張症の治療方法

肝機能が低下しているが故に、体内にて女性ホルモンが増えてしまい毛細血管が拡張してしまっている場合には、まずは肝機能が低下してしまっている原因を改善するということを行うようにします。そうした上で、症状を悪化させてしまう接触や紫外線などの外的刺激を避けることを心掛けるようにします。
次に更年期障害などで女性ホルモンが不足しているが故に、血管及び皮膚表面の炎症が改善されない為に毛細血管が拡張しているという場合です。この場合には積極的に女性ホルモンを補うことが改善法になります。大豆イソフラボンやプラセンタなどを摂取すると共に、ストレスを避けて自律神経を安定させることが大事になります。

 

肌免役を高めることも改善に繋がる

どのような原因であれ、肌免役が低下してしまっていると、乾燥や雑菌、紫外線などの影響を強く受けてしまうために肌が赤くなりやすくなることや、アレルギーにもなりやすくなるので肌表面の毛細血管が拡張しやすくなります。よって、肌免役を高めておくということは毛細血管拡張症の予防、改善に繋がります。肌免役を高めるには紫外線の当たりすぎに注意すること(全く当たらないのは逆に肌免役を低下させるので一日30分程度は手のひらを日光に当てるようにする)、肌表面を刺激しすぎないこと、規則正しい生活習慣を確立すること、睡眠時間をしっかりとること、体力を低下させないこと、ストレスから遠ざかることなどを基本に置きながら、カルシウムやマグネシウム、亜鉛、タンパク質、各種抗酸化物質(ビタミンA、C、E、クロロフィル、ポリフェノール、EPA・DHAなど)の栄養素を積極的に摂取することを心掛けるようにします。
特にストレスと体力の低下は肌免役を急激に低下させてしまうので、ストレスを感じた時はその都度積極的にストレス解消に励むようにします。体力の低下は、健康な人の場合、運動不足やストレス、偏食、睡眠不足、働き過ぎ、喫煙や飲酒などによって生じるので、なるべく日頃からこれら要因をチェックして体力を低下させないようにすることが求められます。