wd1w8d4w

肌がくすんでしまう原因

肌の調子がいい時は透明感と艶があるのに対し、調子が悪い時はくすみ艶のない肌になってしまいます。同じ人間なのに、このように調子がいい時と悪い時とでは何が違うのでしょうか。理由は肌の血行です。肌表面への血行が良好だと肌への栄養補給、老廃物の供給が滞りなく行われるので肌の調子もよくなりますが、血行が悪いと肌代謝も低下してしまうのでくすんだ肌となってしまいます。このような関係性があるので、肌のくすみを減らすには全身の血行を良好にするということが大事になります。

  



 

全身の血流を活性化するには食事が大事

全身の血流を良好にして肌のくすみを改善するためには、日々の食事が大事になります。食事の内容が悪いと、血液の質及び血管の状態、腸内環境の悪化などが引き起こされ、全身の血流が悪化します。どのような食事がいいのかというと、バランスの取れた日本食を主とし、なるべく生鮮食品から料理した食品を食べるようにするにします。バランスが取れた食事とは米やパン、麺類などの炭水化物、肉や魚、卵、大豆などのタンパク質と脂質を主とし、野菜、果物などを副としている食事をいいます。更に、これら食事は料理されていない生鮮の状態のものを購入して、食べる前に料理して食すのを基本とします。

 

血流を良好にする栄養素とは

バランスよく食べるということが食事において最も大事になりますが、肌のくすみを減らすにはプラスαとして血流を良好にする栄養素を補うようにすると効果的です。主な食材としては納豆、豆腐、青魚、甲殻類、貝類、鶏肉、蕎麦、トマト、ピーマン、パプリカ、タマネギ、ニンニク、生姜、ナス、人参、ゴーヤ、キウイ、ダークチョコレート、緑茶、ナッツ類、アボカドなどの食材を適度に献立に取り入れていくようにするといいでしょう。

 

腸内環境を意識して肌血流を活性化

全身の血流を活性化させるためには腸内環境を良好にすることが大事になります。人の腸内には多種多様の細菌が生息しており、その細菌のバランスは食べ物によって大きく左右されます。食事が悪い場合には悪玉菌と呼ばれる細菌が増えているのに対し、食事の内容が良いと善玉菌が優勢になります。善玉菌が多いと食べ物の分解過程で生じる毒性物質が少なくなることや、腸内善玉菌によって生み出されるビタミンなどが増えますので、体全体の栄養状態が改善されることや、神経への不快刺激が少なくなることなどにより、全身の血流が良好になります。

 

腸内環境改善に有効な食材

腸内環境改善に役立つ食材としては、発酵食品と食物繊維が挙げられます。発酵食品は納豆、ヨーグルト、味噌、漬物、キムチ、酢などになります。食物繊維は野菜や果物、キノコ類、未精製の穀物などに多く含まれています。これらをなるべく日々の食事に取り入れることが大事になります。更に、腸内環境を悪化させないようにすることも大事になります。せっかく腸にいい食材を摂取していても、汚してしまうものを摂っていては全てが台無しになります。腸内環境を悪化させてしまうのは食べ過ぎ、早食い、冷たい物の過食、アルコールの摂取、アイスクリームやマーガリンなど乳化剤が入っている食品、菓子類全般、甘い物全般、脂質の多いもの全般、タンパク質(主に肉類)の食べ過ぎなどになります。

 

人間の体は食べ物から出来ている

血液に限らず、頭のてっぺんから足の先まで全ての部位は日頃口にしている食べ物から出来ています。それ故、栄養価の高い食材を摂取し、逆に体にとってよくない食材は摂らないようにするということを徹底することが大事になります。毎日のことなので、気にして食事を摂っている場合と、気ままに食べたいものだけを摂っている場合とでは、体の状態が大きく変わってしまいます。