ef4de874

肌の老化は毛細血管の老化

見た目は肌年齢によって決まるといっても過言ではありません。張りがあり透明感のある肌は若く見え、シワが多くくすんだ肌の方は老けて見えます。よって、いつまでも若くみありたいと思うならば、肌の状態をいい状態に保つことを意識しなければなりません。では肌の状態をいい状態に保つにはどうすればいいのでしょうか。

答えは「毛細血管血流」です。毛細血管の血流が良好であれば、自ずと肌の状態もいい状態に保たれます。毛細血管は肌表面に栄養を送り届け、逆に老廃物などを回収するという役目を担っているので、肌の老化に大きな影響を及ぼします。毛細血管は活性酸素や血流の影響を受けやすく、過剰な活性酸素の発生や血流障害があると、機能低下を引き起こし毛細血管自体が老化してしまい肌へ悪影響をもたらします。

  



 

毛細血管はとてもデリケート

大きな血管は頑丈なゴムのような管となっているので強いですが、毛細血管はもろく、ちょっとした衝撃でも破損してしまい内出血などが生じます。それ故、日頃のケアがとても大事になります。

毛細血管のケアとして大事になるのが血液の流れを良好にすること、血管の材料となるアミノ酸やコレステロールを適切に補う、抗酸化物質を適度に摂取することです。

毛細血管はとても細いので、血流がドロドロだと流れが著しく悪化します。毛細血管でも血流が悪化してしまうと、末端の細胞への栄養供給及び老廃物の回収が滞ってしまうので、肌及び体全体の老化を促進させてしまいます。

次に毛細血管の材料です。当然ですが、毛細血管の材料が不足してしまうと、血管が弱くなってしまうのでしっかり摂らなくてはなりません。

最後に抗酸化物質ですが、抗酸化物質を適度に摂取することで、老化の原因になる「酸化」を抑制することができます。

 

毛細血管の健康を守る運動

毛細血管の健康を維持するためには、適度な運動を継続的に行うことが大事になります。その運動として有効なのが「ストレッチ」です。

ストレッチは全身の筋肉や関節を伸ばす運動ですが、同時に血管を伸ばす運動でもあります。血管は老化や活性酸素、脂質の蓄積などにより硬化しやすく、硬化してしまうと血液の流れが悪化すると共に、毛細血管自体も脆くなり老化が促進されてしまいます。ストレッチを行うと血管内部に血管を柔軟にする「一酸化窒素」という成分が分泌されます。

これにより、血管が柔軟に保たれるのでいつまでも若々しく保つことができます。ストレッチを血管の健康維持に役立てるには、毎日10分~30分程度継続的に行うようにします。

 

毛細血管を守る生活習慣

毛細血管の健康を守るには生活習慣でのリスクを排除することが大事になります。生活習慣にて毛細血管の健康を脅かすこととして挙げられるのがストレスと偏った食生活、寝不足、不規則な生活リズム、冷えなどです。

ストレスは血管を収縮させたり、血管を弱らせる血糖値の上昇、血管細胞を損傷させる活性酸素の発生などを生じさせるので、なるべく早めに対処することが大事になります。

偏った食生活は血管壁を硬化させる糖質や脂質の過剰摂取、血管の守る抗酸化物質などの不均衡をもたらす恐れがあるので、なるべく色々な食材を万遍なく食べることが望まれます。

寝不足と不規則な生活習慣は血圧の上昇、血管へ炎症を引き起こす、ホルモン分泌の悪化、心身へのストレス増大などにより血管の状態を悪化させます。冷えは血管を収縮させてしまうのでよくありません。

以上のようなリスクが生じますので、なるべくストレスフリーで規則正しい生活習慣やバランスの取れた食生活を意識しながら日々の生活を送るようにすることが大事になります。