ffefefwsa99

血管を弱くする原因を改善することが大事

最初に理解したいのが、血管を強くするには弱くしてしまう原因を排除するということが大事だということです。いくら血管にいいとされる食材を摂取しても、血管に悪い事を続けていては無意味になってしまうからです。血管を弱くしてしまう原因として挙げられるのが、高血圧、高血糖、高脂質、活性酸素の4つです。高血圧の原因となるのが塩分の摂取過多や食べ過ぎ、ストレス、運動不足、高血糖の原因となるのが甘いものや脂質の多い食品の食べ過ぎ、運動不足、ストレス、高脂質の原因となるのが甘い物や脂っこいものの過剰摂取、運動不足、ストレス、活性酸素が多くなってしまう原因となるのがストレス、過度の日焼け、激しい運動、偏食になります。まずはこれら要因を改善してから、以下に挙げる栄養素を補うようにします。

 

  


ルイボスティーが血管を強く再生し増やす!最強の飲み物

いま話題のルイボスティー!テレビでも多くのお医者さんが絶賛されてますね。
そうです、ルイボスティーのタイツー効果はゴースト血管、血管の再生、血管を丈夫する最強の飲み物と話題です。
夏場は麦茶のように飲めるので、皆さんもやってみてください!
すっごい美味しいですよ!!
どんなルイボスティーでも良いのではなく、ある程度の決まりがあります。

  • 煮出すタイプのルイボスティー
  • 高品質のルイボスティー
  • 発酵タイプの赤い色のルイボスティー

この3つの条件を満たしたルイボスティーなら最高ですね!
ちなみに皆さんが飲んでいるのはほとんどここのルイボスティーだと思います。
【品質専門】エルバランシアの最高品質ルイボスティー

 

シナモンが血管を強くする

シナモンというと八つ橋やドーナツに使われていることで有名ですが、血流を改善する作用のある漢方薬としても古来より使われています。シナモンには血管の中でも微小血管に作用して血液の流れを良好にするという働きがあります。血管の99%は毛細血管で占められていることから、いかにして毛細血管の状態を良好に維持できるかが全身の健康状態を左右します。

 

不飽和脂肪酸が血管の掃除をする

脂肪には大きく分けて飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸とがあります。飽和脂肪酸は肉類に含まれている脂肪で、常温で固体となり血管壁などにこびりつくという特徴があります。不飽和脂肪酸は青魚や野菜などに含まれている脂肪で、常温で固まらないという特徴があり、血中の悪玉コレステロールを抑制するという働きがあります。悪玉コレステロールは血管に炎症や狭窄を引き起こし、動脈硬化や脳梗塞などの原因になるとされていることから、積極的に低減させることが推奨されています。不飽和脂肪酸は、オリーブオイル、アーモンド、クルミ、さんま、サバ、マグロ、アボカド、大豆などに多く含まれています。

 

抗酸化ビタミンが血管をしなやかにする

βカロチンやビタミンC、ビタミンE、葉酸などのビタミンは血管に傷害を与える活性酸素を抑制するという働きがあります。活性酸素はストレスや日焼け、過激な運動、老化などによって発生し、全身の細胞を傷つけて老化の促進やガン細胞の発生、動脈硬化などを進行させます。活性酸素は日々発生するので毎日抗酸化作用のある食材を摂る必要があります。抗酸化ビタミンは人参、ピーマン、カボチャ、ほうれん草、ジャガイモ、イチゴ、ナッツ類、アボカド、ブロッコリー、トマト、モロヘイヤ、枝豆、りんごなどに含まれています。

 

タマネギは血管の掃除をしてくれる

タマネギにはケルセチンという血管を掃除してくれる成分が豊富に含まれています。ケルセチンはポリフェノールの一種で、血液の流れを改善する効果はもちろん、血糖値を下げる作用、アレルギーの緩和、抗酸化作用などの働きがあります。特に抗酸化作用が強く、活性酸素と脂質によって生じるアテローム動脈硬化や高血糖による血管の糖化などを予防することができます。

 

緑茶やコーヒー、ダークチョコレートも効果的

緑茶には血管の老化防止に役立つポリフェノールや、血管壁を掃除する作用のあるカテキンが含まれています。コーヒーにはクロゲン酸というポリフェノールが含まれており、血液中において血栓の原因となる血小板の凝固を抑制するという働きを持ちます。ダークチョコレートにはカカオポリフェノールが豊富に含まれており、強い抗酸化力によって血管の硬化を予防します。

 

タンパク質が血管を強くする

血管がタンパク質で生成されているので、その材料である肉や魚、卵、豆類、各種乳製品などを摂取しなければなりません。これらタンパク質が不足してしまうと、血管壁が弱くなってしまうので、出血などのリスクが高くなってしまいます。