efdedf854s

あなたの足は、毛細血管が紫色に透けて見えたり、ボコボコと浮き出していませんか?
それは、もしかしたら「ある病気」によるものかもしれません。
今回は足の毛細血管が切れる・浮き出る病気についてご紹介していきたいと思います。

 

足の血管が切れる浮き出る病気 下肢静脈瘤

※下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)足の血管が透けて見えたり、ボコボコと浮き出る主な原因は、ズバリ、「下肢静脈瘤」という病気です。
この下肢静脈瘤が軽度の場合には毛細血管が拡張して紫色に透けて見え、重度になると静脈が詰まってボコボコと浮き出て見えるのです。

 

できる仕組みは?

下肢静脈瘤ができるメカニズムを知るには、まず静脈の働きや構造を知ることが必要です。
私たちの体を流れる血液は、心臓→動脈→毛細血管→静脈→心臓の経路で循環しています。
静脈は毛細血管から心臓へ血液を戻す血管ですが、特に下肢の静脈は重力に逆らって毛細血管から心臓へ血液を押し上げなければなりません。
そのため、静脈には「弁」という構造があり、血液が逆流するのを防いでいます。
ところが、この弁がなんらかの原因で壊れ、血液の逆流を防げなくなると、逆流した血液と新たに毛細血管から流れ込んでくる血液で静脈内がパンパンに膨らむという事態が起きてしまいます。
そして、この膨らみこそが、血管がボコボコと浮き出て見える下肢静脈瘤の正体なのです。

 

できやすいのはどんな人?

できやすいのは以下のような人だと言われています。

    • 立ち仕事の人

長時間立っていると、重力により下肢静脈の血液が逆流しやすくなります。
逆流を防ぐために大きな負担がかかるため、弁が壊れやすくなり、下肢静脈瘤もできやすくなります。

    • 運動不足の人

下肢から心臓に血液を戻すには、下肢静脈の周りに強い筋肉があることも必要です。
静脈周りの筋肉が収縮・弛緩することで、血液を押し上げていくからです。
デスクワークなどで運動不足の人は、下肢の筋肉が弱いため、静脈内に血液が留まりやすく、下肢静脈瘤もできやすくなります。

    • 妊娠・出産した人

妊娠すると、女性ホルモンの分泌量が変化して、下肢の血流量が多くなることがあります。
静脈内の弁に負荷がかかり、壊れやすくなるので、下肢静脈瘤ができやすくなります。

    • 脂質異常の人

血中のコレステロールや中性脂肪値が高いと、血流が悪くなり、静脈内の弁に負担がかかりやすくなります。
その結果、弁が壊れて下肢静脈瘤ができやすくなります。

    • 年齢を重ねた人

加齢とともに静脈内の弁の働きは衰えてきます。
また、歩く機会が減って静脈周りの筋肉も衰えやすくなります。
これらのことから、静脈内に血液が溜まりやすくなって、下肢静脈瘤ができやすくなります。

 

進行段階は?

血管の太さや浮き出る模様により、軽度・中度・重度の3段階に分けることができます。
それぞれの症状は以下の通りです。

    • 第1段階:軽度

①毛細血管の直径は1ミリ程度です。

足に蜘蛛の巣のように紫色の毛細血管が透けて見える状態です。
血流が悪くなり毛細血管が拡張しているためにこのように見えます。

②毛細血管の直径は2~3ミリ程度です。

①が少し進行した状態で、網目状に青紫色の毛細血管が浮き出しています。
浮き出た血管がさらに太くなったり、足のむくみや痛みを感じる場合には、一度病院で検査を受けることをおすすめします。

    • 第2段階:中度

浮き出た血管が直径4?8ミリ程度の太さになります。
静脈の弁が壊れ始めている状態で、溜まった血液により毛細血管が拡張して切れてきます。
切れた部分から流れ出た血液により、青紫色の内出血が蜘蛛の巣状にできることもあります。
早めに病気に行き、検査・治療をしていく必要があります。

    • 第3段階:重度

浮き出た血管の直径が8ミリ以上と非常に太くなった状態です。
この段階になると、血管内に溜まった血液によって、足が重い・怠い・痛い・むくむ・つるなどの様々な不快症状が現れてきます。
また、新しい血液が足に届かなくなるため、皮膚が酸欠になり、痒み・湿疹・色素沈着などの「うっ血性皮膚炎」と呼ばれる症状も出てきます。
早急に受診し治療をしなければいけません。

治療法は?

代表的な治療法は以下の3つです。

    • ①医療用弾性ストッキング

医療目的でつくられた圧迫圧の高いストッキングで、下肢静脈瘤の予防・治療には欠かせないアイテムです。
最大の特徴は、足首部分の圧迫圧が最も高く、上部にいくにつれて徐々に低くなるようにつくられている点です。
この圧迫圧の変化により、下肢静脈血の逆流を防止ぎ、さらに下肢静脈周りの筋ポンプ機能を助けて、瘤ができるのを防いでくれます。
また、下肢静脈瘤が原因の足のむくみやだるさなどの不快症状の緩和にも効果的です。

    • ②硬化療法

浮き出た血管に、注射で硬化剤を注入する治療法です。
硬化剤を注入した後、皮膚の上から圧迫するという方法で、浮き出た血管を人工的に閉塞させます。
閉塞した血管は組織に吸収されて自然になくなり、血液は正常な血管を流れるようになります。
治療時間は片足10?15分程度で、血管が太かったり広範の場合には、期間をあけて複数回行うこともあります。

    • ③血管内レーザー治療

浮き出た血管内にカテーテルを通してレーザーファイバーを挿入し、レーザー照射により血管を焼きつぶします。
その後、血液は正常な血管を流れるようになり、症状が改善されます。
治療時間は片足10?30分程度です。

足の毛細血管が切れる・浮き出る病気についてわかりましたね。
下肢静脈瘤は、進行している場合でも怠さやむくみなどの症状しか現れないため、単なる疲れと思い込み治療が遅れるケースが多いです。
治療自体は日帰りで済む簡単なものがほとんどで、根治させることも難しくないので、今回の記事を参考に、おかしいな?と感じたら一度「血管外科」や「外科」を受診してみましょう。
毛細血管は復活&再生&強くできる! 方法はこちらです!