df4596

肌がくすんでいませんか?

若い頃は気にならなかった肌のくすみ。年齢とともになんだかシミも出てきたみたい・・・鏡を見る度に悲しくなることもありますよね。肌のくすみは実年齢より老けた印象を与えてしまいます。一体肌のくすみの原因とは何なのでしょうか。
  


まずは「肌のくすみ」セルフチェック

以下の質問に、1つでもチェックが付いたらくすみ肌かもしれません。

  • 肌の透明感が落ちた
  • 顔の色が赤黒い
  • 顔の色が赤黒い
  • 顔の色が黄色っぽい、茶色っぽい
  • 顔の色が血色悪く、青い
  • カサカサしている
  • 皮脂でテカっている
  • シミやそばかすが増えた
  • 顔がむくむ
  • 毛穴が開いている
  • <目のまわりにクマやくすみがある/li>

 

肌のトラブルは原因は明確

若いころはほとんど気にならなかったのに、年齢と共に肌のくすみが気になる、シミが出てきた気がするという声をよく聞きます。肌のくすみやシミは、他人から見ると気にするほどでない場合でも、ご自身はとても気になるというケースが多いのではないでしょうか。

朝、起き抜けの顔がどんよりとくすんで見えるだけで、一日が憂鬱になってしまいます。普段通りのファンデーションの塗り方をしているのに、シミが透けて見えていると何となく自信がなくなってしまうものだと思います。それでは、肌のくすみやシミはなぜできるのでしょうか。

 

でも、肌のくすみの原因は様々

肌がくすんで見える原因は様々です。例えば化粧がしっかり落ちていないことで、化粧汚れや皮脂などが肌に溜まるパターン。肌表面が乾燥して、皮膚のバリア機能が落ちてしまっているパターン。

小鼻の横や額の毛穴が開いて、そこに汚れがたまるパターン。加齢により肌の表面に余分な角質がたまり、うす茶色になるパターンなどがあります。

また疲れやストレス、女性ホルモンの異常、生活習慣の乱れも考えられます。どの原因も発端は違いますが、肌がダメージを受けて、肌の下にある毛細血管の働きが悪くなることで血行不良が起こるという結果になります。

血行不良になると栄養を吸収、老廃物の排出が難しくなり、くすみができてしまうということになります。

 

また肌のシミの原因は?

くすみが顔全体にできるものというイメージがありますが、シミは顔のある一部分に濃くできます。シミもくすみとほぼ同じ原因でできますが、シミは紫外線を多く浴びることでできると思っている方も多いでしょう。

たしかに、肌が紫外線を浴びると活性酸素が発生し、シミの原因となるメラニン色素が生まれます。そのメラニン色素が肌の中に残り沈着するとシミになります。

血液の新陳代謝がうまく働いていると沈着することは少ないのです。シミの原因は日焼けによる紫外線ではなく、活性酸素なのです。活性酸素が働くと紫外線を浴びていなくてもシミが発生することもあります。

シミの発生を抑えるには、紫外線を浴び過ぎないこと、活性酸素の発生を抑えることが大切になります。

では、活性酸素を増やさないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?活性酸素はストレスや食生活、運動不足、女性ホルモンのバランス崩れ、疲れなどが原因で発生します。

日々の生活習慣に気を使うこと、暴飲暴食をしない、睡眠を良くとる、ストレス解消をすることが改善方法になります。

毛細血管を修復して、活性酸素を減らせば、肌に透明感が生まれ美肌へとつながっていくのです。

  


 

簡単なくすみケア

肌のくすみを防ぐには、まずはメイクをきれいに落とすことが基本です。少しでも残っていると、老廃物が排出されず、角質が厚くなり、洗顔ではとれないくすみへとつながります。

また角質が厚くなっている時にはピーリングで古い角質を落とすようにしましょう。ピーリングにはくすみだけではなく、にきび跡やシミにも効果があります。

くすみの原因が血行不良の場合は、簡単なマッサージでも改善することができます。

 

肌のくすみに大事なのは、毛細血管を健康にすること

簡単なくすみケアをご紹介しましたが、根本的に大事なことは毛細血管を健康にすることです。毛細血管が健康であれば、酸素や栄養が体のすみずみまで行きわたり、老廃物も流れていきます。美肌にもつながっていきます。
では、毛細血管について詳しく見ていきましょう。

 

肌に多い毛細血管ってなに?

毛細血管とは何かについてご紹介します。毛細血管は5~10ミクロンのとても細い血管です。腕の動脈の太さは7~8mmですので、いかに毛細血管が細いかがわかりますね。

動脈と静脈の間にあり、2つの血管を網目状につないでいます。全身の血管の99%を占めており、これはすべてつなぎ合わせると地球2周半の長さです。

毛細血管は酸素と栄養を体のすみずみまで送り届ける働きを持っています。さらに老廃物を回収してくれる働きもあります。肌に栄養や酸素が届かなければ、シミやくすみの原因となります。

 

毛細血管が減れば肌の栄養も減る

肌の明るさが落ちているように見えることを、肌のくすみやシミと一括りに表現しがちですが、実は「くすみ」と「シミ」は異なるものです。

「くすみ」は、医学的には明確にされておらず、化粧品関連の組織だけが定義している“肌の状態”です。肌の赤味が減少して黄味が増し、肌のつや・透明感が減少すると共に、皮膚の凹凸で影ができることで肌全体の明度が下がることを指します。

一方「シミ」は、メラニン色素が肌に染みついて薄黒い斑点となって表れることを指し、「くすみ」よりも小さい範囲に濃く出ることが特徴です。

くすみとシミでは、その種類によって発生する原因が異なる場合がありますが、共通する部分として肌の新陳代謝が下がることで発生するといえます。

肌の新陳代謝が下がると、古い角質や老廃物を排出する力が弱まるだけでなく、肌の生まれ変わりに必要な栄養素を受け取ることもできません。

身体の中でも、顔は非常にたくさんの毛細血管があります。その毛細血管の一本一本が健康で、血流の良い状態が保てていれば、肌がくすんだり、シミができる可能性は低くなります。

くすみもシミも、発生の原因は複数あります。異なるものもありますが、疲れやストレス、生活習慣の乱れなどによる身体の巡りの滞り、加齢などによる女性ホルモンの分泌異常、紫外線を受けることによるメラニン色素の沈着、皮膚炎症疾患(ニキビ、吹き出物、アトピー性皮膚炎など)による色素沈着の4つは共通の発生原因といえます。

どの原因も、発端は違いますが肌が受けるダメージによる血流不良、毛細血管の老化という結果は同じといえます。簡単にいうと、肌の下の毛細血管の働きが弱まることで新陳代謝が下がり、栄養素の吸収・老廃物の排出ができなくなり、くすみやシミができるということになります。

 

しみの原因はメラニンだけじゃない

くすみは顔全体に発生するもの、シミは部分的に濃く発生するものといった違いについては先述の通りですが、シミの原因についてもう少し掘り下げてみたいと思います。

くすみとシミ、4つの大きな原因は変わりませんが、一般的に「シミの原因は日焼け」と捉えている方が多いかと思います。確かに、シミが発生する大きな原因としてメラニン色素の沈着があります。

肌は紫外線を浴びると細胞内で活性酸素が発生し、メラノサイトという細胞が活性酸素に反応しメラニン色素を作り出します。そのメラニン色素が肌の中に残り沈着した場合に、シミという形で表面化します。

メラニン色素は、紫外線による肌への負担を大きく減らすもので、メラニン色素によって肌は守られているといえます。肌にとって必要不可欠なものですが、新陳代謝が落ちている場合、その色素が肌に沈着してしまうのです。

紫外線から受けるダメージは顕著で分かりやすいもののため「シミの原因は日焼け」と捉える方が多いかと思いますが、シミの本当の原因は活性酸素です。活性酸素は身体の酸化・錆び・老化の原因となる物質として知られていますが、この物質が働くとメラノサイトが刺激され紫外線を浴びていなくてもメラニン色素が発生するのです。

そのため、シミの発生を防ぐためには紫外線を浴び過ぎないということの他、肌を傷つけないこと、活性酸素の過剰な発生を抑えること、といった2点に気を付ける必要があります。

しかし、活性酸素は想像以上に簡単に発生する物質ともいえます。不規則な生活の習慣化、暴飲暴食など自制できるものもあれば、疲労・ストレス・ホルモンバランスの崩れなど自身では対処が難しいものもあります。

人によって発生要素、原因は様々ですが身体のリズムを整え上手なストレス解消法を見つけていくことが、シミ予防の大きな一歩となる可能性が高いといえるのです。
毛細血管を修復して、活性酸素を減らしていけば確実に美肌と透き通るような綺麗な肌を手に入れることができるのです。

  


 

肌のくすみの最大の原因は毛細血管のゴースト化!?

こんな大事な働きをする毛細血管ですが、年齢とともに減っていくことが最近の研究で分かってきました。毛細血管は、血管内細胞と、その細胞を覆う壁細胞からできています。

毛細血管がしっかりと働けるのは、壁細胞がしっかりと支えているからです。しかし、加齢とともにその壁細胞が弱ってしまい、はがれ落ちてしまいます。

そうすると毛細血管は最後なくなって消失してしまいます。これを毛細血管のゴースト化といいます。最近の研究では、20代の人に比べて60~70代の人は毛細血管が4割も減少していることがわかっています。

ゴースト化すると肌に影響が出てきます。シミ、たるみ、くすみといった肌トラブルが発生します。いかに毛細血管を減らさないようにするかが大切になります。

 

毛細血管の数を減らさないために

毛細血管の数が減るのは加齢だけが原因ではありません。生活習慣による影響もあるのです。例えば、激しい運動をたくさんする人は要注意です。

筋トレなど激しい運動は活性酸素が発生します。活性酸素は血液にダメージを与えます。また、AGEと呼ばれる物質を食事から摂りすぎてもよくありません。

これは糖とたんぱく質が加熱されてできます。動物性脂肪の多い食品に多いです。例えばステーキ、から揚げ、かつ丼などです。調理する過程でAGEの含有量が変わってきます。

生→煮る・蒸す→炒める・焼く→揚げるの順番でAGEの含有量が多くなります。

 

肌のくすみ除去のために、毛細血管を増やすメリット

では、逆に毛細血管を増やすことでどんなメリットがあるのでしょうか。

アンチエイジング

女性にはうれしい若返り効果があります。毛細血管が増えれば、体の隅々まで酸素や栄養素が行きわたります。それによって、細胞のひとつひとつが活性化され、美肌になり、年齢も実年齢より若く見えるようになります。

ダイエット

太りやすい体質の人は冷え性などにより体の巡りが悪いことが多いです。毛細血管が増えて血行が良くなれば、代謝が上がり太りにくい体になります。

冷え性を改善

毛細血管が少ないことで血行が悪くなり冷え性になっている人は、いくら外からゆたんぽなどで温めてもなかなか改善できません。逆に毛細血管を増やせば手足もぽかぽかと暖かくなります。冷え性は万病の元ですから、特に女性は木を付けたいですね。

育毛効果

薄毛は頭皮を健康に保つことが重要です。頭皮の健康には栄養がしっかり行きわたることが大切です。頭皮の血行を良くすることで、育毛効果が期待できます。

 

肌のくすみを減らす、毛細血管を健康に保つために

毛細血管の減少を食い止めたい、復活させたい。そのためには血流を増やすことが大切です。毛細血管は加齢とともに細胞同士の接着がゆるくなってしまいます。すると血液が途中で漏れてしまい、毛細血管の劣化につながります。しかし、日頃から十分な血流があれば細胞がお互いに接着しあい、血液の漏れを防いで健康な毛細血管が生まれます。では、血流を増やすためにできることはなんでしょうか。

その場でスキップ運動

第2の心臓と呼ばれているふくらはぎのポンプ機能に着目します。スキップすることでポンプ機能を高め、足の下の方から血液を戻す力を強くすることができます。スキップの方法は、両方の手足をしっかりと上げて20回繰り返します。それを朝昼晩と1日3回行うのがよいでしょう。特にデスクワークで座っていることが多い人は、夕方に血液が下に溜まってしまいます。そこで朝昼晩に分けてすることで血流の良い状態を保つことが大切になります。

有酸素運動

ゆったりとしたジョギング、水泳、ウォーキングなど、息が切れないくらいのペースでゆっくりと長く続けるのがおすすめです。酸素を取り入れながらする運動ですので、体のすみずみまで酸素が行きわたり、毛細血管を強くすることにつながります。

お風呂に浸かる

シャワーをさっと浴びるだけではなく、浴槽にしっかりと浸かりましょう。血行を良くする効果はもちろん、リラックス効果や冷え性の改善、疲労回復にもつながります。

静脈マッサージ

心臓に戻りにくくなっている血液を心臓に戻してあげるマッサージがあります。やり方はまず足先を良く揉み、温まったら足首からひざ下まで下から上に向かってマッサージします。今度はひざ下からももの付け根までをマッサージ。次に手の指先から手のひらを揉み、手首から肘、脇の下にかけてマッサージします。体の末端から体の中心に向かってマッサージするイメージを持つとやりやすいです。

青竹踏み

筋トレや走ることがニガテな人は、青竹踏みはいかがでしょうか。足の裏には毛細血管がたくさんあります。足つぼマッサージというだけあって、内臓にもいい影響があります。足の裏の刺激で血行が良くなります。

 

肌のくすみを減らす、毛細血管を増やす食品

毛細血管を健康にするために、血管に良い食品を摂ることも手軽にできる方法です。

玉ねぎ

玉ねぎに含まれるセレン、ケルセチン、アリシンという物質が酸化LDL(毛細血管の壁に傷を着けて、破裂させる原因)を作らないようにする働きがあります。また、玉ねぎを切る時に涙が出る原因である硫酸アリルは、血管にたまった脂を流したり、血小板の凝固を防ぐ働きがあります。

豚肉

豚肉の脂質部分にはオレイン酸と呼ばれる高い抗酸化作用のある物質が含まれています。活性酸素を減らし、毛細血管を強くする働きがあります。

トマト

ビタミンC・E、カロテノイド、リコピンを含み、酸化LDLが作られないように防ぎます。またビタミンB6は血液をサラサラにする作用もあります。

青魚

サバ、イワシ、サンマといった青魚にはビタミンEが含まれており、活性酸素を減らす効果があります。DHAとEPAも、血管の脂肪やコレステロール値を下げて血管の流れを良くする働きがあります。

納豆

大豆たんぱくが酸化LDLの発生を防ぎます。また、ナットウキナーゼという成分により血栓を溶かすことができ、血流が良くなります。

緑茶

緑茶に含まれるポリフェノールが酸化LDLの発生を防ぎます。カテキンも毛細血管の弾力性を高めて健康を維持します。

  


 

肌のくすみを減らすには Tie2(タイツー)が救世主!?

血管がゴースト化すると、栄養や酸素がうまく運搬されません。そこで、血管自体を丈夫にする必要があります。その鍵となるのが「Tie2(タイツー)」と呼ばれる受容体です。

Tie2とアンジオポエチン-1

Tie2は壁細胞から分泌されるアンジオポエチン-1により活性化されます。このTie2の働きが活発になると血管が守られて老化を防ぐことになります。もちろんTie2だけではなくアンジオポエチン-1も必要になります。このふたつが結合することで、細胞組織が活発化します。そして血管自体を健康にするのです。

Tie2による効果

シワ、くすみ、むくみの予防、ダイエット、中性脂肪の回収、育毛、メタボ予防、他にも多くの病気の改善につながる可能性があります。

 

Tie2を活性化させるヒハツ

Tie2の活性化に必要なアンジオポエチン-1に代わる物質を探す研究が進められています。その物質の中でもヒハツという生薬が注目を浴びています。ヒハツはコショウ科のスパイスです。沖縄県八重山地方の特産物で、島こしょう・ロングペッパーとも呼ばれています。沖縄そばに入れる、沖縄では一般的なスパイスです。ヒハツはインドの伝統医学、アーユルヴェーダでも昔から体の冷えを取り長寿を促す薬として用いられてきました。

ヒハツの効果

ヒハツを摂ることで、血流が改善され様々な効果が出ます。代表的な効果は冷え性の改善です。他にも脂肪燃焼効果によるダイエット効果、肩こりの解消、育毛や頭皮環境の改善につながります。もちろん毛細血管が健康になるので美肌にも効果があります。

 

ヒハツ以外にTie2が含まれる食品

ルイボスティー

ルイボスティーにはTie2 が多く含まれており、芸能人などにも飲用されています。くせがなく、どちらかというと紅茶のような風味です。カフェインレスなので子供やお年寄りでも安心して飲めますし、寝る前にも飲むことができます。

最近大きな話題となっているのがルイボスティーです。ルイボスティーは医学的にTie2(タイツー)活性化の効果があるとされており、多くのお医者様がテレビで発表され、たくさんの芸能人が飲用しています。
毛細血管の再生や修復は「高品質ルイボスティー」を選んでください。
※「高品質」これが一番大事なんです!
ルイボスティーを飲む時は煮出すタイプの最高品質が大事です。品質に注意してお選びください。
ネットで注文できる最高品質のルイボスティーはこちらです。


シナモン

シナモンもTie2が多い食品です。シナモンは古くから漢方薬としても使用され、胃腸薬や鎮痛剤として使われてきました。シナモンに含まれるケイ皮アルデヒドという成分がTie2を活性化させます。料理や飲み物にさっとかけるだけなので手軽な食材です。

 

透明感のある明るい肌を手に入れる

具体的な症状の異なる「くすみ」と「シミ」ですが、どちらも出来るだけなりたくない肌の状態ではないでしょうか。くすみは、基本的に顔の血流を良くしてあげれば短い時間で改善できる症状といえます。

しかし、シミができても諦めてはいけません。時間がかかるとはいえ、シミもくすみ同様に改善できる症状です。メラニン色素を抑える効果が期待されるビタミンCを積極的に摂るなどの他、身体に負担の少ない生活を心がけ、女性ホルモンの分泌バランスを整える努力をするだけで、症状がずいぶん良くなることが期待できます。

★★★重要なのはこの2つ★★★

  • 「活性酸素を減らす!」
  • 「毛細血管を再生させる!」

そして、シミ対策を続けることがくすみの予防にもつながるともいえるのです。透明感のある明るい肌を持っているだけで、人は輝いて見えます。そういった状態をキープできるよう、日々の生活から気を付けていきましょう。

毛細血管は復活&再生&強くできる! 方法はこちらです!

毛細血管を健康に保って、美肌になろう

いかがでしたか?肌のくすみの原因という観点から、毛細血管を健康に保つことの重要性をご紹介しました。毛細血管を健康にすることで、お肌だけでなく、ダイエットや病気の予防、冷え性の改善、アンチエイジングなど様々な効果が期待できます。手軽にできる運動から、毛細血管に良いとされる食品までご自身でできることから取り組んでみてくださいね。