s4s4s4edf

頭皮を叩くという行為がNGの理由

よく頭皮の血行をよくするために頭皮を叩いたり揉んだりする行為を見ますが、これらの行為は毛細血管にとってあまりいい行為とはいえません。何故かというと、叩く、揉むという行為は毛細血管を傷つけてしまう可能性があるからです。毛細血管自体を壊してしまうのはもちろん、頭皮に炎症を生じさせてしまい、全体的に毛細血管血流を阻害してしまうことも懸念されます。もし、頭皮が硬いことが原因で薄毛が進行してしまい、それを解消するために頭皮を刺激する場合には、毛細血管及び皮膚を傷つけないように、優しく指の腹を使って揉むようにします。時間は5分程度とし、1日2回行うようにします。

  



 

頭皮の血行を促進させるには食事が正解

頭皮の毛細血管血流を活性化させる方法として正解なのが「食事」による改善法です。血液及び頭皮は全て口から摂取する栄養から生成されています。更に、頭皮や血管、血液の老化や酸化防止、機能維持に必要な栄養素も食事によって維持されています。このような深い相関性があるので、食事の内容、摂り方などを改善することが頭皮の毛細血管血流を活性化させることに繋がります。

 

どのような食事を心がければいいのか

①タンパク質を意識する

血管はタンパク質から生成されているので、日々しっかりと良質なたんぱく質を摂取することが大事になります。タンパク質は肉や魚、卵、乳製品、豆類などに多く含まれているので、これら食材を他の食材とのバランスを考えながら取り入れるようにします。一つ注意点としてあるのが、脂質の摂取に気を付けるということです。脂質は摂りすぎると血管壁を硬化させる原因になるので注意するようにします。

②バランスよく摂取する

食事はタンパク質(肉、魚、卵、乳製品、豆類)、脂質、炭水化物(米、パン、麺類)、野菜、果物、発酵食品をバランスよく食べることが大事になります。血管を作る材料はタンパク質ですが、脂質や炭水化物などのエネルギーも大事になります。更に、野菜や果物に含まれる食物繊維も栄養素の摂りすぎ抑制や腸内環境改善などに役立つので必要になります。また、各種ビタミンや抗酸化物質なども必要です。以上により、万遍なく色々な栄養素をバランスよく摂ることが大事になります。

③菓子類、ジャンクフードは控えめに

菓子類やジャンクフードには酸化された脂質や人体に有害な添加物が含まれていることや、脂質や糖質が多いこと、食事の量に悪影響を及ぼすなどのデメリットがあるので、食べ過ぎには注意が必要です。

④抗酸化物質を積極的に摂取する

ビタミンC、A、Eやβカロテン、ポリフェノール(カテキン、イソフラボン、タンニン、ルチン、アントシアニン、クロロゲン酸、リグナン、セサミン、レスベラトロールなど)などを積極的に摂取すると、血管を老化させる活性酸素を無毒化してくれるので毛細血管血流維持、改善に効果的です。食材としては、イチゴやパプリカ、ブロッコリー、ピーマン、人参、カボチャ、緑茶、大豆、ブルーベリー、コーヒー、ゴマ、チョコレートなどに含まれています。

⑤食物繊維や発酵食品

食物繊維は腸内の掃除をしてくれると共に、血管の状態を悪化させる脂質や糖質などの過剰な吸収を抑制するという働きがあります。更に発酵食品は腸内の善玉菌のエサになるので腸内環境改善に効果的です。腸内環境を改善すると全身の免疫が向上するので、血管に引き起こされる炎症を抑制することができます。

⑥カリウムを積極的に

野菜や果物に豊富に含まれるカリウムには、血圧を下げるという働きがあります。血圧が高い状態が維持されてしまうと、血管が常に膨張している状態となるので血管壁が硬化しやすくなるので血管がもろくなり寿命を縮める要因になります。そのため、普段より血圧を低めに維持していくことが大事になります。