赤ら顔・毛細血管拡張症の原因と解決!

毛細血管拡張症を治すために必要なこと

毛細血管拡張症とは? 毛細血管拡張症とは、皮膚表面の毛細血管が拡張して肌に赤みや血管が浮き出るなどの症状を引き起こすという疾患です。特に多いのが鼻や頬、目などの顔面部や腕、手のひらなどになります。タイプとしては鼻や頬に多い単純線状タイプ、枝分かれした血管が浮き出る樹の枝状タイプ、蜘蛛の巣状の血管が浮き出るクモ状タイプ、2mm程度の小さな赤い丘診が出来る丘診タイプ、鼻の周囲などが淡い赤色になる紅斑タイプの5種類に別れます。   毛細血管拡張症の原因 毛細血管拡張症の原因はハッキリとは判明されていま ...
詳しく詳細を見る »
赤ら顔・毛細血管拡張症の原因と解決!

「毛細血管拡張症」とは?

これを読まれている、ということは何らかの肌のトラブルをお持ちでしょうか? 肌のトラブルといっても様々です。 例えば見た目と感覚に分かれます。 見た目といったら、 ニキビ シミ、そばかす 赤み、ブツブツ などがあります。 感覚といったら、 かゆい 痛い ほてり ザラザラ、ガサガサ などがあります。 そして、毛細血管拡張症・・・何だか漢字だけで見ると難しそうですね。 これも一言で書けば、肌トラブルから来る症状なんですね。 では、毛細血管拡張症になった場合、見た目と感覚のどれに該当するのか? そもそも何が原因で ...
詳しく詳細を見る »